日々想ったことや感じたこと、考えたこと等の羅列
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
松代大本営跡地の地下壕見学記
2005-06-27 Mon 15:38
 6月25,26日(土日)母と一緒に一泊のバスツアーに参加。初日、長野県松代の大本営跡地と天皇・皇后の施設を見学。

 この場所の事は、二十歳位から本等で読んで知っていたが、実際に地下壕内を見るのは今回が初めて。

 現在、公開されているのは地下壕全体の十分の一以下の500メートル。(象山地下壕、全長5.9Km 完成率75%)

 入り口は小さいが、中に入ると規模が一気に広がる。終戦により未完成なので、足下は非常に悪い。が、広さは二車線の道路ほども有り、高さも充分有る。
 終戦までの一年弱で、秘密裏に良くこれだけ造ったもんだと思った。工事には、7000人以上の朝鮮人が半島や国内から強制連行され、かなりの人数がこの過酷な工事により、命を落としているそうだ。

 印象に残ったのは、地下壕見学に行く道ですれ違った高校生らしき一団。皆、僕らを見る目つきがきつかったこと。すれ違った時話し声を聞いたら、どうやら韓国の学生らしかった。地下壕を説明を聞きながら見学を終えた後、あの目つきの理由がわかった。

 ツアーの乗客は、ほとんどが僕より年配者。でも、殆どの人が松代の事を知らないのには驚いた。僕の母も、知らなかったそうだ。
 宿の部屋で、韓国の話を聞いた。韓国では今でも、小さな子供のうちから、戦時中の日本軍の残虐行為を教えているそうだ。小さいうちから恨む事を教える韓国は、なんか悲しい国だなと思った。
 日本はといえば、戦後あやふやな政治で対アジア政策を疎かにしてきたのが、60年経つ今も尾を引いてる愚かな国、愚かな政府だなと思った。

   暑い日に、重い課題は疲れるよ
スポンサーサイト
別窓 | 旅行の感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 独りよがりな思いつき、独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。