日々想ったことや感じたこと、考えたこと等の羅列
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
 特務艦隊   読了
2005-06-19 Sun 00:19
  特務艦隊    C・W・ニコル 著  村上博基 訳

 この本を注文する時、正直迷った。これが僕の待っていた本なのかどうか。紹介文の中にも、それらしい語は無かったし。ただ、作者がニコルなので、あるいはと思って取り寄せてみた。本が届いてからも、腰巻きにもそれらしい語が無いので、未読の本の山に積んだままだった。
 気が向いて読み出してみたら、まさしく僕が待ち焦がれていた本だった。タク、しっかり紹介しろよな!!

 C・W・ニコルを知ったのは、もう何年になるか?ある日書店で「勇魚」という本を見つけたのがきっかけ。イギリス人の作家が幕末の鯨取りを主人公に書いたと言うことに興味を引かれた訳。よく調べてあったし、話も面白く、楽しく読めた。
 それから何年かして、本屋で「盟約」というニコル著の文庫を見つけたら、それがなんと「勇魚」の続編だったのは、嬉しい驚きだった。まさか続編が書かれるとは、思ってもいなかったから。

 その後、「遭敵海域」が出て、その後書きに第四作も出るというのを読んで、心待ちにしていた訳。あれから、三、四年経ったかな。

 そして今回やっと四作目を読み終えたところ。第一次世界大戦の日英同盟を軸に、甚助の息子三郎の活躍を描いている。学校で習った「日英同盟」の語の中身が、これらの本で詳しく解った。
 一部では、「マルタの碑」とダブル様な所も有ったが、面白くて一気に読めてしまった。出来れば、この一家の話を現代まで続けてほしいところだ。

 暇が出来たら、今度はシリーズ四冊を通して読もうと思う。
スポンサーサイト
別窓 | 本の感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<松代大本営跡地の地下壕見学記 | 独りよがりな思いつき、独り言 | 戦国自衛隊1549   読了>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 独りよがりな思いつき、独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。