日々想ったことや感じたこと、考えたこと等の羅列
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
お盆の施餓鬼法要記
2005-07-10 Sun 16:49
 7月10日、朝10時より母と一緒に檀那寺にお盆の施餓鬼法要に行ってきました。集

まった檀家の中では、相変わらず僕が一番若そうでした。こういう法要で、若い人を

見かけることは殆ど有りませんね。

 この寺は、無量山西岸寺(むりょうざんさいがんじ)といい、浄土宗の寺です。総

本山は、京都の知恩院です。

 家との付き合いは、祖父が滋賀の甲賀から出てきて、三河の岡崎に腰を据えてから

なので、もう70年以上になります。おっさん(住職)も二代目(三代目も育ってき

ています)僕は三代目の付き合いです。今のおっさんは、元教師で中学校時代に教え

て貰った事が有ります。それで、かなり親しいです。

 西岸寺は、変わった寺で墓地が有りません。元は、徳川の従軍僧として従軍してい

たそうで、奉ってあるのは本多平八郎忠勝公。寺も6年前に建て直されました。

 僕は、無知なので施餓鬼の本当の意味を知りません。読んで字のごとく、餓鬼に施

すでは、どんなことなのか良く解りません。ただ、死んだ先祖の供養をして帰って来

ました。

    そのうち、ゆっくり調べてみよう
スポンサーサイト
別窓 | 体験記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<イーグルスのDVD見っけ | 独りよがりな思いつき、独り言 | 松代大本営跡地の地下壕見学記>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 独りよがりな思いつき、独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。